オリガミの魔女と博士の四角い時間

NHKのEテレ『オリガミの魔女と博士の四角い時間』という番組の撮影協力をしました。
お暇でしたらご覧ください。
http://www4.nhk.or.jp/origami/x/2017-09-30/31/5019/2383366/

折り紙飛行機51くらぶの松本さん



松本さんオリジナルの『不死鳥』を折っています。定規さばきに注目です。



松本さんオリジナルの『ハンドファジー』を折っています。



松本さんの語る自身の紙ヒコーキ人生

韓国の折り紙ヒコーキ野郎

同志は海の向こうにも。韓国人の学生さんのようです。
レッドブルの韓国最終戦に参加したらしい。
https://www.youtube.com/user/m1a2tank/videos
すごく上手な人です。対戦したら普通に実力負けしそう。
紙の選択など、非常に参考になります。そして投げ方がN潟さんに非常に良く似ている。

『最新型 世界一よく飛ぶ折り紙ヒコーキ』
http://www.amazon.co.jp/dp/457615074X

買いました。活動を記録した写真の数々が資料として興味深い。
あと「キャデラック」「のみ号」のネーミングと造形が良い。

みずもと紙飛行機クラブ

http://www7b.biglobe.ne.jp/~mppc/

都立水元公園で活動されている方々のウェブサイトです。

みずもと紙飛行機クラブの、個人的にユニークだと思っていることは、折り紙飛行機の競技会を行っていることです。早くから適切なルールを定め、ゴムカタパルトを用いて、上空高く真っ直ぐに打ち上げる方式の競技を実施されています。

今では、各地の紙飛行機同好会の方々が、ゴムで飛ばす折り紙飛行機の競技会を実施されていますが、それもここ10年くらいの間のことで、中でもスタートが早かったのは、万博紙飛行機を飛ばす会と、みずもと紙飛行機クラブの方々であったと記憶しています。

水元公園では、皆さんが独自に研究を重ねられて、独特に進化した折り紙飛行機を飛ばしていらっしゃいます。機体もいただきましたが、上等のものは、きちんと調整できる人が飛ばせば、アベレージで50秒くらいは平気で浮いています。

お近くの方は、様子を見に出かけられてはいかがでしょうか。

なお、出かけられるときは、水元公園がべらぼうに広いため、降車するバス停に注意が必要です。金町駅からバスに乗って、素直に「水元公園」のバス停で降りると、公園の中をうんざりするくらい延々歩くことになるため、その先の「水元小学校」のバス停で降りると、原っぱ広場まで比較的近いです(それでも結構歩きますが)。

夢の企画

東大の鈴木真二先生と戸田さんが、東大で「航空宇宙教室&自作機批評会」と銘打って、折り紙ヒコーキの特別講義を行うそうです。(詳細は以下のリンク先参照)

戸田さんのフェイスブックの投稿ページ

日時は、7月21日午後2時からです。
対象は「折り紙ヒコーキに熱中し自作機を持っている小中学生」、
参加費は懇親会費込みで、親子2名で1万円とのことです。

私が小中学生だった当時は、地方に住んでいましたし、今よりも全然情報がネットに上がっていませんから、このような企画が行われることは、あっても知る由もないことでした。今回の企画は、非常に羨ましいなぁと思います。

一般向けの大会では、時間的な都合があり、また参加層も広いことから、深くて専門的な話をやり取りすることは困難であることを思うと、折り紙ヒコーキが好きで、本当に熱心に作って飛ばしている層の受け皿として、今回の企画はこの上ないものでしょう。

申し込みは、折り紙ヒコーキ協会HPの投稿欄、協会のフェイスブック又は戸田さんのフェイスブックのいずれかで受け付けるとのことです。

立体の折り紙ヒコーキ!

「トモレフ紙飛行機設計局のブログ」
http://tomolefuokb.blog.fc2.com/
以前からお付き合いさせていただいてます。
ロシア機のような、流麗で破綻のないデザインは必見です。

メモ

・「丹波の空に紙飛行機」
http://omorik.blog.fc2.com/
「丹波のじいさん」大森さんによるブログ。

・「エッチング工房KAZU山本」
http://www.etching-studio.com/
先日お会いした山本さんのウェブサイト。

紙ヒコーキ屋内距離競技ギネス記録更新



(動画の説明) Joe Ayoob throws a John Collins design, officially breaking the world record by 19 feet, 6 inches. The new world record, once verified by Guinness, will be 226 feet, 10 inches. The current record is 207 feet and 4 inches set by Stephen Kreiger in 2003.

(訳)ジョー・アユーブ氏は、ジョン・コリンズ氏が考案した機体を投げ、公式に世界記録を19フィート6インチ更新した。この新記録がギネス社に認められると、世界記録は226フィート10インチとなる。現在の世界記録は、2003年にスティーブン・クライガー氏が記録した207フィート4インチ。

これは素晴らしいですね。きちんと滑空で距離を稼いでいます。
226フィート10インチというと、メートル換算で69mちょっとですね。
Topics
●当面の目標は屋内で27秒。
ブログ内検索
ついでにクリックをお願いします
youtube






最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセス