スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメちゃん号

P1040044.jpg

カメの形をしたヒコーキができました。
この作品の一番のポイントは、前脚部の折り出しです。
セロテープ無しでカチッと仕上がります。滑らかによく飛びます。
スポンサーサイト

こうもり

こうもり型の紙ヒコーキです。

P1030972.jpg

昨日、我孫子市の鳥の博物館にお邪魔した際に思いつき、
試行錯誤の結果、デザイン・飛行ともに満足できるものができたので、ご紹介します。

「前進翼かつ無尾翼かつ垂直成分無し」

というのは、紙ヒコーキとしてはかなり難しい題材になるのですが、
綺麗に飛ぶものができました。

シンプルな構造の中に、こうもりのエッセンスを盛り込むことができ、満足しています。

P1030974.jpg
平面形。

タネコプター

P1030310.jpg

ちょっと面白いものを作りました。長方形の紙で折る単翔ジャイロコプターです。
カエデの種のように、ぐるぐる回転しながら降りてきます。

参考動画:カエデの種

試作 はち

P1020862.jpg

飛行性能は全然なので、それはこれから。
作りとしては、頭がカナード、胸と翅が主翼、腹がV字尾翼に相当します。

Eさんによる2作品

その1 鯉のぼり紙ヒコーキ
P1020431.jpg P1020434.jpg

ご本人から折り方を教えていただきました。折り方はダブルデルタ機とだいたい同じなのですが、完成形の印象が随分違います。尾翼や安定板を胸びれ、背びれ、尾ひれとし、魚の形を巧みに表現しています。しかもふわりと飛ぶとあって、完成度に驚きます。写真の飛行機は私が折ったものですが、ご本人の折ったものが、最近出た『月刊エアライン』の7月号に掲載されています。
事務局宇野さんのブログにも関連記事があります。http://bit.ly/b8CfyE

その2 三角形から折る鶴ヒコーキ
P1020429.jpg
テープ止め無しですっきりした完成形を得ることができます。翼幅が広いので、良い滑空をします。
きれいな形をしていて、飾っておいても見栄えがします。

Eさんありがとうございました。今後とも宜しくお願いします。

※写真差し替えました。

新きんぎょですかい

P1020266.jpg
さきのエントリで折り手順をお示ししたものです。
以前のバージョンからは、次のように変わりました。

・先端を閉じました。
・胸びれを、よりひれらしい形にしました。
・安定を増し、またよりそれらしくするために、尾ひれをわずかに折り下げました。
・上から見たときの形を、滑空性能をにらみながら、わずかに細身にしました。

きんぎょですかいは、実はある依頼を受けて考えたもので、最初からデザインをかなり意識して作りました。イメージは金魚すくいですくう金魚です。性能との折り合いから、結局デメキンのような形に落ち着きましたが。ちゃんとえらがあるのがミソです。

まず紙に金魚を上から見た絵を描いてから、それを折り紙で表現するにはどう折れば良いかを頭の中で考えて、原型を作りました。折り紙飛行機の場合、翼面積を確保する必要から、造形的にあまり凝ることができず、簡単な図形の組み合わせによって狙った対象を表現しなければなりませんので、完成にあたっては作り手の「見立て」によるところが大であり(ということは往々にして「言ったもん勝ち」になるということでもありますが)、この「見立て」をいかにするかが、変な形の折り紙飛行機を作るにあたっては、とても重要だと感じます。

ここでセザンヌの言葉をひっぱってきてみたり、キュビスムの高尚な話をひっぱってきてみたりするのは私の趣味ではありませんのでそれはしませんが、しかし「見立て」というのはとても面白いものですね。

折り紙を机の上において、「これは座布団だ!」と主張したら、それは座布団になるかもしれない。
そして、その折り紙を対角線で半分に折って、「これはA-12アベンジャーだ!」と言ったら、それはA-12アベンジャーになるかもしれない。さらに、その折り紙をひし形に折って、「これはノースロップグラマンのX-47Aだ!」と言ったら、それはノースロップグラマンのX-47Aになるかもしれない。面白いですね。

http://kmatsuda.blog120.fc2.com/blog-entry-59.html
http://kmatsuda.blog120.fc2.com/blog-entry-48.html

オオミズアオ

P1020171.jpg
小さい頃に昆虫図鑑で見たガの中で、ひときわ目を引いたのがオオミズアオでした。
白くて透き通った翅を持つ大きなガは、とても綺麗で、印象に残るものでした。

一度実際に見てみたいと思っていたところ、昨年の夏、アパートの壁にオオミズアオが付いているのを見つけました。そのオオミズアオはちょっと小さかったけれど、なかなか嬉しかったものです。

******
基本的な作りは前に作った「ワシ」と同様です。
コピー用紙で折ると飛び方が重いので、向こう側が透けて見えるような紙を用いるようにします。
薄口のトレーシングペーパーで作ると、それらしくなります。

ワシ

P1020008.jpg

ワシができました。
折り始めが少し変わっていたり、意外と完成形が大きかったり、双垂直尾翼を持っていたりして、色々と面白い飛行機になりました。平面形も雰囲気が出ました。羽ばたいて飛びます。

P1020010.jpg
東急ハンズで買ったちょっと良い紙(A4、45kg)で折ったもの。

はくちょう

P1020005.jpg
直角二等辺三角形の紙から、はくちょうができました。
調整で羽ばたかせることもできます。

ちょう

P1010999.jpg
すっきりした形のちょうができました。
縦安定のために、翼には大きめのねじり下げを施しました。
Topics
●当面の目標は屋内で25秒
ブログ内検索
ついでにクリックをお願いします
にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ
人気ブログランキングへ
くる天 人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
youtube






最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。