回転式のプレートグライダー

DSC_0092.jpg

最近作って遊んでいるもの。前に考えたものを改良しました。

狭い場所でも遊べるし、軽い紙で作ればちょっとした上昇気流でも掴んで上がっていくので面白いです。A5判の紙を6等分に切り、山谷に細く3等分して翼形を作り、左右を折って方向安定板とすれば出来上がり。

ちなみに武蔵野中央公園で飛ばしていたとき、強い上昇気流を掴んで視界没したことがあります。
横方向への移動速度がゆっくりなので、板を持って追いかけ、浮かせて遊ぶこともできます。

飛ぶさま。

マグヌスの板

簡単なグライダーを作りました。マグヌス効果によって、くるくる回転しながら滑空します。
新聞紙や電話帳の紙など、薄くて軽い紙を手頃な大きさにカットして用いると、これの4分51秒くらいから映っている映像のようにして、浮かせ続けることができます。
P1020723.jpg

おまけ。国立科学博物館で行われている「空と宇宙展」のおみやげ。
F-14、F-15型ダイキャスト製鉛筆削り。
f14&f15

名前未定

P1020632.jpg
双垂直尾翼形式の、丸っこい飛行機ができました。
折り方は難しいものではありません。
すっきりとして、良い形になりました。

シューティングスター?

P1020143.jpg

シューティングスターが進化しました。
重心を後退させ、翼面積を増した他、翼端を折ってロール安定を改善しました。

やか飛行機

P1020058.jpg
やり飛行機といか飛行機を折衷したようなさまなので、やか飛行機です。非対称機です。
左側はカナードが付いている分、翼を細身にしています。まっすぐに飛びます。

空飛ぶとっくり

P1020021.jpg
とっくりのような形の飛行機ができました。

レイピア

P1020003.jpg
流れるような形の飛行機ができました。
さきのシューティングスターを直角二等辺三角形の紙で折ったものです。
翼の裏が膨らむのを防ぐ関係で、逆ガル翼を持ちます。
翼後端をはね上げると綺麗に滑空します。

シューティングスター

P1020006.jpg
格好良い飛行機ができました。下面に胴体が出ていますが、比較的前方にあるため、方向安定は主に上面に出ている双垂直尾翼によっています。高速で飛びます。機首は折らず、短くしない方がよく飛ぶようです。

P1020025.jpg
紙の模様が偶然F-14戦闘機のように出たもの。

さかなですかい

ponyo.jpg

某魚の子っぽい飛行機ができました。
グリペンやラファールのようなコ・デルタ翼を持ち、なかなか面白い形をしていると思います。
ちなみに、胸びれの色を頭と同じ色にすることもできます。

かたよたか

P1010233.jpg   P1010234.jpg

上から読んでも下から読んでも・・・というやつです。
片方がよたかなので、かたよたかです。

前のエントリにも載せたのですが、改めて。
非対称機です。
Topics
●当面の目標は屋内で27秒。
ブログ内検索
ついでにクリックをお願いします
youtube






最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセス