スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

God is in the details...

P1030300.jpg
深空-R

最近できた新型です。深空改とほとんど変わりありません。
が、実測1ミリ単位の間隔で翼の折り方を検討し、重心の前後位置を詰め、室内テストでは、ほぼノートリムで直線飛行と滑空が両立するようにしてあります。屋外で投げてみるとアップトリムが必要でしたが、屋内で飛ばす場合はトリム調整がほとんど要らないはずです。深空・鵺の系列では、その最終形態にあたるものと考えています。

出っ張っている場所が少なく、伸びるように上昇します。感覚としては、これまでのもので一番良い上昇をします。ただその分ピーキーな性格になり、調整がシビアになったことに加えて、長所であった「よく返る」性格が薄れています。確実に記録を出すことが求められる競技に用いるのであれば、前後に重心をずらしたものの方が使いやすいはずです。

この「R」は、一発の大花火を打ち上げるための機体なのだろうと思います。

詰めて詰めて、とことん詰めたところに、この「R」はあって、それは難しい機体になったけれども・・・

「神は細部に宿る」そう思っています。
スポンサーサイト

深空改

P1030296.jpg

先の動画で飛んでいたものが、まさにこの画像の機体です。
ほぼ完成したと考えており、現在磨き込みに入っています。

屋外で15m以上の高さまで上がるので、屋内では20mまで上昇すると見込んでいます。
捕らぬ狸の皮算用で、世界記録と同等のレコードが出ると予想しています。

浮かせるように詰めた機体は、どうしても調整が難しくなり、垂直上昇→垂直落下のパターンに陥りがちですが、これはその辺りの特性が穏やかで、それこそ小学生からお年寄りまで、誰が飛ばしても返り、きちんと飛んで帰ってきます。このことは、武蔵野中央公園で色々な方に試していただいて確認済です。また、ぬえさんの機体ほどではありませんが、ピッチングからの回復が早いです。

何とか屋内で飛ばす機会を設けたいと考えていますが、20m上がる見込みですので、
まともに記録を取ろうとすると、それこそドームのような巨大空間を確保しなければならず、どうしたものかなと思っています。

深空

久しぶりの滞空時間用。マイナーチェンジ版です。
深空と書いて、みそらと読みます。気に入って、ここ数ヶ月はこればかり飛ばしています。
気持ち良く高く上昇するのが何よりの魅力です。調整もさほど難しくありません。
屋内で飛ばしたことはありませんが、うまく上がって返った場合は22秒程度の記録が出るものと考えています。今月30日(明日!)の所沢大会の際、時間があれば試してみたいと思います。

P1030232.jpg

チャレンジャー

P1020868.jpg  P1020869.jpg

世界記録更新をターゲットとした新型を制作し、昨日テストしてきました。
新型の主な特長は次の通りです。

○特長
・胴体を持つための最低限の部分だけにして、中央の垂直尾翼を無くしました。
 これにより翼面積が増えた他、胴体がガバガバ開かない分、上昇時の変形が小さくなりました。

・へそを無くしました。これにより下面の抵抗が減った他、翼がねじれにくくなりました。

・翼端板を特殊な形にしました。紙の弾性変形を利用して姿勢を制御するための工夫で、
 このようにすると、上昇中は機首上げを抑え、速度が低下したときアップトリムにできます。
 また、トーアウトによって、浮きを良くしてあります。

○テスト結果
翼が大きいのですが、私の投げ上げに耐えました。屋外で13m程度まで上がりました。
ほぼ垂直に上昇します。特殊な翼端が効いているようで、強く投げただけまっすぐ上がります。
上昇中に風で煽られることのない屋内では、もう少し高さが得られると思います。
沈下率はサーマルの影響を除いて55cm/sec程度と見ており、満足な結果が得られました。
なお、失速からの回復が遅いので、屋外で飛ばすには向いていないようです。
重心を後ろに寄せてあるために、調整は大変に難しいです。

来年初めに屋内で飛ばす機会がありますので、その時に記録を取ってみようと思います。

吉田辰男さんのへそ飛行機改良型の改良型

P1020630.jpg

吉田辰男さんと言えば、切り折り紙飛行機で有名な方ですが、実は折り紙飛行機も作っていました。画像の飛行機はその吉田さん考案のものについて、機首の処理を変えたものです。

簡単に折ることができ、よく上昇し、よく返り、よく滑空します。機首を閉じれば、多分19秒以上狙えると思います。調整もとても簡単で、飛ばしやすく、記録と同時に確実性が求められる競技大会において使うのに最適と思います。

折り方はこちらの本に載っていますが、慣れた方は一瞥して折り方を把握されることと思います。
大変よく飛ぶので、一度折って飛ばしてみてください。

へそキングv.g.

P1020549.jpg

へそキングの翼に、山折りの筋を入れました。こうすると、翼にキャンバを施した状態になります。
強度アップと、返りが良くなることを期待したものです。
折り筋には、ボルテックスジェネレータの役割もあるのではないかと思います。
どんな飛び方になるか、近くテストしてきます。

なめらかな翼端板

P1020094.jpg P1020093.jpg

Boeing787の飛行動画を見ていてふと思いつき、翼端をなめらかに反り上げ、翼端板としたものを作りました。折り線を付けて翼端板としたものとどれほど違いがあるのか分かりませんが、期待できることとしては、

・翼面に折り線が出ないので、抵抗が小さくなる。
・曲線的なので、直線的な形と比べて強度的に有利。
・飛ばしながら、翼端板の大きさをある程度自由に調整できる。
・翼端板を折って作る場合に比べて、翼幅(投影)の減少を抑えることができる。

等が挙げられるでしょう。

見た目にも、普通の直線的な形のものと雰囲気が違うので、面白いと思います。

高さ狙い

P1020056.jpg

上昇高度アップを狙って、少し翼面積を減らしました。
この方が素直に上がるようです。強度的にも翼が小さい分有利でしょう。

ただ、翼面積を小さくするにしても、紙の長辺の長さに対する全長の比率を小さくしてゆくと、宙返り傾向が強まってゆくようです。たとえばやり飛行機とへそ飛行機を比べてください。

高さを得るには宙返り傾向を抑える必要があります。そのためにはアスペクト比を小さくすれば良いのですが、しかしいたずらに細長くしたのでは、満足な滞空時間が得られないし、上昇の頂点でうまく返ってくれないでしょう。一定の全長を確保しつつ、翼幅をあれこれ替えてみて、長い滞空時間が得られる翼平面形を探すことが、今後の作業になりそうです。

YF20

P1020047.jpgP1020051.jpgP1020049.jpg

1.下面をかまぼこ型に膨らませて、
2.翼を厚みの変わるところから凹面にし、
3.翼端を少しだけ折って斜めに立てる。
4.昇降舵は翼後縁全体にごく浅い角度で施す。

多くの方の助言や理論を基に、自分の中で「こうすればこうなる」ということを確立しつつあります。
最近では、かつてあったような機体ごとの性能のブレも見られなくなり、狙って15mくらいまで上がる飛行機を作ることができるようになりました。

特に翼端を立てたことと、翼が凹面になるようにしたことが、上昇性能向上に効いたようです。

画像の飛行機は最近完成したもので、やはり15mくらいまで上がります。
全力で投げてもフラッターを起こさず、込めた力を受け止めて上昇してくれます。

ここで仮に沈下率を75cm/secとし、15m上がって高度をロスすることなく滑らかに返ったとすると、上昇?定常滑空移行までを1.3秒として、約21.3秒の記録が期待できることになります。
飛ばしてみると、実際の沈下率はそれより小さいと思われますので、期待大です。

20秒の壁突破は見えました。

幕張用その2

夕方、少しだけ幕張用の上昇テストをしてきましたが、上がるには上がるものの、どうも理想の上昇と違います。そこで、松本さんのハンド・ファジーのように、翼端を斜めに折り上げて、これを飛ばしてみました。すると、急にまっすぐ、すっと上がるようになりました。しかもどんなに力を入れて投げても、フラッターを起こす気配はありません。これは良い感じです。方向安定が良くなり、上昇中に変な揺れがなくなったためでしょうか。また、折り方を変えたことで翼の根元が強くなりましたが、その効果も感じます。幕張では、やはりこの翼端を斜めに折り上げたものを使うことにします。

P1020024.jpg

**後になって、かなりのじゃじゃ馬であることが判明。ちょっとした翼のねじれ方の違いで、全く上がらなくなったり、途端に昇降舵の角度の変化に対して過敏になったり、投げを失敗するとくるくる回って落ちてきたりで、これは扱うのが大変です。しかし、ばちっと調整ができると、従来のものよりも更に高く上がり、ゆっくり下りてきます。何度もトライできる、記録会向けの飛行機でしょう。競技や、一発勝負の時に使うのは危なそうです。

本当に「一番良く飛ぶ紙飛行機」などというものは無いのだなあ、と感じます。
滑空性能を良くしようとして翼を大きくすれば剛性が低下するし、翼を横長にすれば揚力傾斜が大きくなって外乱に弱くなるし、上昇を良くしようとして翼を細長くすれば胴体が大きくなって反って上昇が悪くなるし、かと言って翼を大きくすればやはり剛性が低下するし・・・
あちらを立てればこちらが立たず・・・それが面白い訳ですが。
Topics
●当面の目標は屋内で25秒
ブログ内検索
ついでにクリックをお願いします
にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ
人気ブログランキングへ
くる天 人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
youtube






最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。