よたか?

P1010148.jpg

よたか?です。
初期バージョンでは上に出ていた紙の重なりを下に回し、上昇性能の向上を狙いました。

(2009年2月改変・追記)
画像の機体はOKサンド90kで折ったものです。

メモ

つくば・丹波純さんの紙飛行機『タンバ博士の紙ヒコーキ研究所』
http://www.epson.jp/tamba/

武蔵野中央公園・MPPC発起人(現顧問)古野辰哉さん主宰の『日本・大空クラブ』
http://www.city.musashino.lg.jp/cms/guide/00/00/41/00004107.html

羽田空港の前日、グリーンパークで古野さんにお会いしました。
80歳を超えるご高齢でしたが、しかしとてもお元気な方でした。
日本各地、ときには東南アジアまで脚を延ばし、多くの方と協力しながら、紙飛行機や凧を通して外で遊ぶ楽しさを伝え続けてこられたそうです。さすがに最近では体がもたず、あまり動けなくなったということで、私の若いエネルギーに期待していると仰ってくださいました。

お会いした記念に、ご自身で設計されたというスターターF(木製胴の紙飛行機)と、そのキットをいただきました。早速ゴムで打ち上げてみると、なるほどよく飛びました。大切にします。ありがとうございました。これからも宜しくお付き合いください。

無題

今日、近所の空地へよたかを飛ばしに行ったら、良い感じに地面が温まっていて、とてもゆったりとした、ふわふわしたような飛び方を見ることができました。

紙が軽いのと、重心位置が後ろ気味に振ってあることで、調整が難しかったのですが、上がれば綺麗に飛んでくれたので、あとは投げ方が何とかなれば…と思います。もう少ししっかりした紙を使えば、もっと良く飛ぶと思います。今日の最高記録は、手で投げて多分12秒くらいでした。

ここの空地は最近行くようになった場所ですが、グラウンドと、それ以上広い砂利の駐車スペースが隣接していて、そして基本的にいつも誰もいない(街外れにあるからか?)所なので、折り紙飛行機を飛ばすには恰好の場所です。問題といえば、日影が無いくらいです。風景も良いので、そのうち写真を撮ってアップします。

********************:

おまけ

アクセス解析でログをたどっていったら、これ見つけました。↓
http://forest.kinokuniya.co.jp/ItemIntro/166516/hb1

シュモクザメ

syumoku.jpg
頭がとんかちのようになっている、シュモクザメのような紙飛行機ができました。
上から見ると、何だか震電のように見えなくもありません。
眼のところは紙の裏の色が出るようにしました。

ステルス3機

stealth1.jpg

羽田空港で展示されていたステルスのコクピットの化粧折りが格好良かったので、それと似たような化粧折りを施したステルス機を3機ばかり作ってみました。

画像がネガ反転しているのは、その方が化粧折りがよく見えるからというのと、色がステルスっぽくなって格好良いという理由からです。

奥の機体から順に、以前作ったB-2、立体ステルスの胴体部を大きくしたもの、レイブリック+ウェーブライダー+立体ステルスの折衷です。手前の機体は青いラインの入った方眼紙で折ったものですが、ネガ反転すると赤いラインが張り巡らされたようになり、それっぽくて良いです。

下の画像は化粧折りの拡大です。

stealth2.jpg

メモ

以前紙ヒコーキ博物館へ行くにあたって、参考にしたウェブページ
http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn012/kamihiko/kamihik1.html

「どうです会」遊びを奪う大人たち
http://www002.upp.so-net.ne.jp/isohata/mail-137.htm

折り紙ヒコーキ飛ばそう会
http://takmi.ciao.jp/sub/leafmaga/2003/hikoki.html

フライングディスクについて

ドッヂビーというフライングディスク(所謂フリスビー)を買いました。

大学でお世話になっている体育の先生が指導員をされていることや、下記の代々木公園での件を受けて、フライングディスクにも興味がわき、柔らかくて安全な、ウレタンとナイロン製のドッヂビーを手に入れました。

弟も関心を持ってくれたのか、キャッチボール(ボールではないけれど)の相手をしてくれました。フライングディスクは初めてですが、紙飛行機とはまた違って、気持ちよく伸びるような飛びが面白いですね。

私はX-ジャイロも持っていますが、あれは投げると結構疲れるので、体力の無い私には、簡単に飛ばすことのできるフライングディスクが向いているようです。

インターネットで検索してみると、いくつか有用なウェブサイトを見つけることができました。

日本フライングディスク協会
http://www.jfda.jp/

ドッヂビー公式ホームページ
http://dbj.gr.jp/

愛好家の集まり SPINS
http://www.ne.jp/asahi/flyingdisc/spins/index.html

フライングディスクの仲間、エアロビー。以前体育研究所の動作解析室にお邪魔したとき、これが中に置いてありました。ちょっと投げてみましたが、なかなか綺麗に飛びました。
相当な距離が出せるようです(ギネス記録は400mくらい)。
http://www.aerobie.com/
http://www.agport.co.jp/products/toy/aerobie.html

**少し前に代々木公園に行ったのですが、そのとき、原っぱでフライングディスクを飛ばしている外国人の方を見かけました。楽しそうだったなあ。

へそヒコーキJALタイプ

P1010100.jpg
先のエントリに書いた、へそヒコーキJALタイプです。
良い感じの場所に重心位置が来ています。目指せ16秒!

追記
「へそヒコーキ名古屋バージョン」とも。

【画像集】羽田 de ECO in BIG BIRD

P1000948.jpg
離発着する航空機。

P1000987.jpg
午前の部。

P1000990.jpg
午前の講師の方。整備士の方です。お疲れさまでした。

P1000983.jpg
サポートに回る岸本さん。

P1010001.jpg
午前の部の後に行われたイベントで姿を現した、元・光GENJIメンバーの山本淳一さん。
その登場に、子供たちよりもお母さん方の方が喜んでいました。

P1010032.jpg
巨大スペースシャトルの垂直尾翼にサインをする山本さん。

P1010044.jpg
と、そのサイン。

P1010004.jpg
先の東大の実験で使用された(と思われる)機体とそのホルダー。

P1010007.jpg
「きぼう」の模型。

P1010022.jpg
エコジェット。胴体後部に紙飛行機のペイントが確認できます。

P1010047.jpg
傾く日の光を受けて、白い翼を輝かせるモデル機。

P1010050.jpg
午後の部。

P1010062.jpg
午後の部は、用意した机だけでは間に合わない程の盛況ぶりでした。

P1010063.jpg
午後の講師の方。担当されているお仕事は…ええと、聞き逃しました。お疲れさまでした。
追記:世界大会の日本最終戦に参加した折、お話を伺うことができました。
パイロットの長瀬さんという方で、MD?90の操縦をされています。

P1010075.jpg
展示。

P1010076.jpg
寄せ書きが施された巨大スペースシャトルの図。

P1010077.jpg
JALなのかANAなのか。

P1010081.jpg
反対側。

P1010082.jpg
夕陽を受けるエコジェット。

P1010031.jpg
私が折って置いてきたスペースシャトル。

P1010100.jpg
部屋に戻って折ってみたへそヒコーキJALタイプ。

羽田 de ECO in BIG BIRD

(今となっては昨日ですが、便宜的に)今日、紙飛行機のイベントを見に、羽田空港まで行ってきました。

エコをテーマに色々な催し物がなされていて、その中に紙飛行機をエコ用紙で折ろうというのがあったのです。

第1ビル6階のギャラクシーホールという所に行くと、すでに子供たちが椅子に坐って、紙ヒコーキ教室が始まるのを待っていました。

午前午後と講師はJALの方が務め、それを協会の岸本さん他、JALの方々がサポートしていました。子供たちの機体は昇降舵の角度が大き過ぎてピッチングを起こしていましたが、それはこれから折るうちに分かってくることでしょう。飛ばない人はいなかったようなので、先生の教え方が良かったのだと思います。

ところで、午後の教室で折ったへそヒコーキについてですが、これはチラッと見せていただいた折り図によれば、へそヒコーキJALタイプなるものだそうで、16秒くらいを狙えるとのことでした。折り方は次のエントリに示す画像と、自作のスーパーへそ2008の折り図をご覧いただけば、大体お分かりになると思います。折りの目安は後者と全て一緒です。

あと、今日のエコ用紙についてですが、以前買った競技用認定用紙に比べ、もっとしっかりしているように感じました。70kとのことだったので、今度同じ重さの紙を東急ハンズやロフト辺りで探してみようと思います。

私は展示してある紙飛行機や紙ヒコーキ教室の様子を写真に収めていましたが、途中で二見書房の佐藤さんや飾一の方、岸本さんらに、色々なお話(ここでは書けないようなことまで)を伺うことができました。またお会いした際も宜しくお願いいたします。

そうそう、エコジェットの姿も見かけることができました。緑色の紙飛行機のペイントがなかなか良い感じです。

紙飛行機の展示は今月の10日までですが、教室は今日だけとのことだったので、後日遊びにきた子供たちが飛ばして遊べるようにと、エコ用紙で紙飛行機を折るのをお手伝いした他、目を引くようにということで、正方形の紙で折るスペースシャトルと、バットを作って置いてきました。展示の中に小さな銀色のスペースシャトルと、床屋さん模様のバットがあったら、それは私が折ったものです。お立ち寄りの際は探してみてください。

上に書いたように紙飛行機教室は今日だけですが、23日には横浜で紙飛行機のイベントがあるようですので、お近くの方は参加されてはいかがでしょう。
Topics
●当面の目標は屋内で27秒。
ブログ内検索
ついでにクリックをお願いします
youtube






最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセス