スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笠地蔵

P1010452.jpg

河合豊彰さんの作品集『〈こころ〉の折り紙 ――仏像をつくる』より、笠地蔵です。

設計理論を獲得し、どんどん複雑さを増してゆく一連のコンプレックス作品群にある時疑問を抱き、以来しばらく折り紙の本(折り紙飛行機の本は除く)は買っていなかったのですが、この本はちょっと立ち読みして心惹かれ、購入しました。

そういえば、今手元にある折り紙の本のうち、本棚から出して眺めるのは、ラフォースさんや吉澤章さん、布施さんの面の本など、どれも設計折り紙とは少し離れたところでの折り紙作品を扱った本です。折り自体は決して難しくはない(仕上げ、紙の選択などは除く)が、コンプレックス作品と同等、もしくはそれ以上に感動を与えられる一連の作品群、そしてそれを創作した作者には本当に敬服します。

さて、この本には、他にも数作仏像、ないし面をモチーフにした作品が収録されています。

こういう作品は、折り図と同じように折ったつもりでも、人によって全く異なった完成形になります。同じ人間が作っても、毎回同じ完成形を得られるということがありません。ために、何度も楽しむことができます。心を落ち着けて、ゆっくり取り組みたいと思います。

ちなみにこのお地蔵さん、顔の折りが細かいので、結構大きな紙で折らないと綺麗な完成形を得られません。画像のお地蔵さんは、30cm四方の正方形に切りだした紙で作りました。
スポンサーサイト

宇宙飛行艇・アレンジ

P1010451.jpg

中村榮志さんの作品集には、一機だけ立体機が収録されています。
宇宙飛行艇という名前の作品ですが、胴体下面も膨らむ構造になっていて、ためにマチ針で重心位置を調整するようになっています。そこで、これを改造し、下面を平らにすることで、重り無しで飛ぶようにしました。ふわりと綺麗に飛びます。

戸田式立体胴機の初めの初めは、このようではなかったかと想像します。

*****************

※訂正:中村さんには、「宇宙飛行艇」の他にもう1機、立体胴の作品があります。
『紙折り飛行機』所収「EN-AS-02,2L3D型(スペースシャトル号)」です。
MASUDAさんからの情報です。MASUDAさんありがとうございます。

超ひかり

P1010450.jpg

超ひかりと書いて、スーパーひかり、もしくはこしひかりと読みます。距離競技用機です。
ひかりの翼を折る目安を変えて、少しだけ翼を小さくしました。とにかく真っ直ぐすっ飛んで行くように狙って作りました。重心位置はばっちりです。ひかりもそうですが、機首を閉じてあり、翼もやり飛行機よりも断然薄くまとまるので、抵抗が小さく、すいすい飛びます。飛ばすとどこまでも飛びそうな感じで、紙によっては40mオーバーも狙えるのではないかと期待しています。

トレーナー

P1010449.jpg

イベント・教室などで、子供たちに教えるために考えました。

自分のレパートリーの中では、「よたか」が群を抜いて高性能ですが、慣れている人間でないと折るのが難しいのが、欠点と言えば欠点です。

そこで、機首の閉じ折りを無くして折りを簡単にし、ついでに翼を折る目安を分かりやすい場所に変えて、作りやすいものを考えました。

翼がよたかより細長くなっているので、単純に高く投げ上げやすくなっている他、失速しにくくなっています。また、胴体が大きくなったので、返りやすくなっています。見た目は普通のへそ飛行機と似たようなものなので、競技用機然としていなくて、親しみやすい感じです。折り方は途中までよたかのそれと同じなので、慣れた人がよたかにチャレンジしやすいようになっています。その意味もあって、トレーナーという名前にしました。折りやすく飛ばしやすく、しかも性能の良い機種です。まだ確認していませんが、多分SALも可能です。

後日追記

SAL可能でした。ただし、よたかよりも細長いので、昇降舵の調整はかすかなものになります。

メモ

◇基本的に、折り紙飛行機は重心がある程度前にあった方が上昇も返りも良い、らしい。

→重心が前にある分、機首下げの動きを相殺するために昇降舵を跳ね上げることになるので、そこで返りの調整ができる。このことは、調整が易しいということでもある。上昇については良く分からず。ただ、重心が前寄りだと、しっかり感があって、投げやすいというのは確か。

◇重心が後ろにずれると、ふわふわ飛ぶようになるが、上昇のてっぺんで返すのが難しくなる。また、外乱に弱くなる。

→外で飛ばす分には、重心を一番前にしたものが一番上昇が良く、返りも良く、飛ばしやすかった。また、重心を後ろにずらしたものは、ちょっと風にあおられると、頭を下げて一気に地面まで降下してきた。動きを見ると、急角度で降下してきているのであって、真っ逆さまに墜落しているのではない。つまり、機首上げ回復までが遅い。静気流の屋内なら望み有の予感。重心をどこまで後ろにずらせるかがポイントか。

◇滑空速度が遅いからと言って、必ずしも沈下が遅いとは限らない。逆もまた然り。

折り方、飛ばし方

「折り方」と言うとき、それは折り図的な、ここは山折りでそこは谷折りにして…といった、単純に折り手順を指す他に、ここは膨らみを残して折るとか、この辺りは両側一気に折って、紙の張りを左右対称にするとか、どのくらい爪を立てて折る云々とか、そういう折りのテクニック的な意味合いも持っているような気がします。そして、折り紙飛行機については、後者の意味での「折り方」がとても大切だと常々感じています。

子供たちや親御さんたちに折り紙飛行機を教えてくださいと言われて教えるとき、お手本として手元で作った機体と、周りの人が作った機体では、確かに同じ形をしています。しかし往々にして、飛ばしてみると、まるで飛び方が違う場合があります。周りの人の機体は、紙が弱くなっているのです。強く投げ上げると、紙が耐えられずにすぐにバンザイしてしまったり、やたらスパイラルダイブに入ったり、ピッチングがひどかったりします。調整で何とかなる場合もありますが、絶対的なところでは、手元の飛行機と同じ飛び方になりません。前者の意味での「折り方」は同じだけれど、後者の意味での「折り方」が違うのだと思います。そして、前者は折り図で伝えられるけれど、後者は折り図では伝えることができないものであって、多分に経験と勘がモノを言うところではないかとも思います。それは「飛ばし方」も同じで、大人が必死で10秒超えを目指している隣で、小学生が13?14秒出していたりする。肩の力も大事ですが、決してそれだけではない。なにせ軽いし、紙が弱いので、無理に投げようとしても、ベシャッとなって上がりません。それに、無理に投げたら肩を痛めてしまいます。単純に力だけの勝負ではないのであって、それだから挑戦意欲を掻き立てるのだろうと思います。経験知とか、身体知にも近いのでしょうか。

その意味で、折り紙飛行機は職人芸なのだなあと感じます。

飛行日記

武蔵野中央公園

昨日は武蔵野中央公園へ行ってきました。引っ越してから初の練習です。
午後に行きましたが、珍しいほどに風が穏やかで、微風、ないしは、ほぼ無風の環境でした。
普段は流されがちな折り紙飛行機も、昨日は気持ちよく飛んでいました。グライダーを飛ばしていた方々から話しかけられ、少し話をしました。1人の方には1機差し上げました。
昨日の記録は平均が17?18秒、最高記録が33秒くらいでした。

****************

平和の森公園

P1010447.jpg

すぐ近所に広い公園があるらしいことを聞いて、行ってみました。

行ってみると、原っぱ広場ではライトプレーンやバルサ機を飛ばしている方々がいました。
凧も揚がっていました。広場はそこそこの広さで、折り紙飛行機を手で投げて飛ばす分には十分な広さがありました。水はけも悪くなさそうです。上空をトンビが旋回していたので、上昇気流も発生しているのでしょう。グライダーを飛ばしていた方、ウォーキングをしていた方から話しかけられ、それぞれ1機ずつ差し上げました。少し風がありましたが、今日の記録は平均で14秒くらい、最高記録は37秒くらいと、悪くない結果でした。

薄型

P1010441.jpg

詳しい折りの比率や折り方は分からないのですが、真似して作ってみました。
こんな感じだったような・・・うーん?

ネプチューン

P1010440.jpg

『宇宙から飛ばす折り紙ヒコーキ』より『ネプチューン』
胴体が大きいので、ふわっと飛びました。

痛い

普段紙飛行機を飛ばした後に腕や肩が痛くなることはないのですが、今日は痛い!
多分昨日やり飛行機を飛ばしたためだと思います。普段全然腕や肩を使って投げていないので、尚更です。

**********

メモ

・距離競技用機は、まずちゃんと浮くように調整する
・滞空競技用機は、まずちゃんと返るように調整する

どちらも昇降舵の付け方が重要らしいのですが・・・

**********

お知らせ

思うところあって、これまでにアップした紙飛行機の折り図と動画を、一旦全てサーバから削除しました。以後基本的に折り図と動画の常時公開はしないつもりです。期間を限って、小出しにすることはあるかも知れません。ご承知おきください。
Topics
●当面の目標は屋内で25秒
ブログ内検索
ついでにクリックをお願いします
にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ
人気ブログランキングへ
くる天 人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
youtube






最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。