秘密のヒコーキ達

昨年11月上旬から何となく始まった、記録挑戦機の共同開発。
いよいよ最終型と呼ぶべきものができたかなと思っています。これに至るまでには数々の機体ができましたが、中には都合により、こちらで画像を上げることができないものがあります。
しかしながら、それらは皆魅力的で、尖っていて、空力的にも大変面白い機体ばかりです。
せめて文字でご紹介したいと思い、公開しているものとあわせ、発生順に以下列挙します。

・深空(初代)…ヒューストンで定評のある、前重心で翼の広い正統派。昨年の所沢大会で16~17mまで上昇した。

・鵺(初代)…ぬえさんが深空(初代)を見て考えた、翼単体で評価すると重心位置が空力中心位置よりも後ろになるトンデモヒコーキ。調整が鬼のように難しく、調整中の様子はまるで破壊試験のよう。翼ちっちゃいけど良く浮く。あとよく返る。すごい高さまで上昇する。ぬえさんのお気に入り。

・深空(改)…私が鵺(初代)に衝撃を受けて考えた、深空(初代)と鵺(初代)のあいの子のような作りのヒコーキ。とても飛ばしやすい。小児が投げてもおじいちゃんが投げてもきちんと上昇し、綺麗に返って滑空に入る。安定の深空(改)。困ったときの深空(改)。投げれば返る深空(改)。

・鵺Mk.ⅡA…鵺(初代)を少し飛ばしやすくしたもの。鵺(初代)と深空(改)のあいの子のようなヒコーキ。

・鵺Mk.ⅡB…翼を大きくしたもの。正統派で悪くないが、ぬえさんは不満そうだった。特性はのしいかヒコーキに近い。

・鵺Mk.Ⅲ…鵺シリーズでは多分一番折り方がすっきりしていて、かつ特性が穏やかで飛ばしやすい。翼根がちょっと弱いが、丈夫な紙で折ると弱点が無くなる。ぬえさんのお気に入り。

・鵺Mk.Ⅳ…またの名を深空(改改)。深空(改)と鵺Mk.Ⅲのあいの子のようなヒコーキ。Mk.Ⅲの弱点である翼根の弱さが解消されていて、強い。が、ちょっと折り方が細かくてアレ。

・ぬえさん…私が半分ネタで作ったすごく小さなヒコーキ。上昇命。滑空はお察しかと思いきや、意外と悪くない。とんでもない調整の仕方をする。丈夫な紙で折ったものは、手投げでも屋外で20m近く垂直上昇する(カタパルト機みたいだ)が、さすがに重くなるので、滑空はお察し。
でもそこが潔くていい。ぬえさんのお気に入り。

・深空(R)…完全にノートリムで垂直上昇とグライドを両立するところまで重心位置を詰めたヒコーキ。ベースは深空(改)。低抵抗を追求したため、調整が決まると気持ち良く上昇していくが、調整がシビアすぎて(そっと触るだけで飛び方が変わる)、針の穴を通すような運用が求められる。
ストイックでスパルタンなところがいい。

・鵺の空…鵺(初代)と深空(改)のあいの子のようなヒコーキ。これだけ書くと鵺Mk.ⅡAのようであるが、こちらの方が深空の血が濃い。上昇が好み。最終型のベースになった。

・みちょら…ぬえさんがぬえさんを見て考えた、深空(改)のちっちゃい版。翼が丈夫で硬い。硬い。

・深空(最終型)…鵺の空がベース。コンマ数ミリ単位で折り線の位置をずらしながら改良を繰り返して作った。私に合わせて作ってあるため、垂直に近い投擲角度を実現しつつ、かなりの高速で投げ出さないとうまく滑空に入らない。逆に言うと、同じような投げ方をしている人にはかなり飛ばしやすいヒコーキになっていると思われる。

追加予選あり

レッドブルの日本予選が、好評につき追加で開催されるようです。場所は町田駅。明日の3時半からで、受付は3時からとのことです。外気の通る場所ということで、会場の湿度が高いことが予想され、滞空時間競技では確実に返って飛ぶものが強いと思います。

http://www.redbullpaperwings.com/ja/event/machida-tokyo-4

本を買った

だいぶ前のことになりますが、本を買いました。
過去の記事でお名前を挙げたことのある、飯島実さんによる紙ヒコーキの本です。
やさしく書いてありますが、紙ヒコーキを作って飛ばすための工夫が詰まっていて、楽しく読むことができました。

http://www.amazon.co.jp/dp/4870513382

紙ヒコーキ屋内距離競技ギネス記録更新



(動画の説明) Joe Ayoob throws a John Collins design, officially breaking the world record by 19 feet, 6 inches. The new world record, once verified by Guinness, will be 226 feet, 10 inches. The current record is 207 feet and 4 inches set by Stephen Kreiger in 2003.

(訳)ジョー・アユーブ氏は、ジョン・コリンズ氏が考案した機体を投げ、公式に世界記録を19フィート6インチ更新した。この新記録がギネス社に認められると、世界記録は226フィート10インチとなる。現在の世界記録は、2003年にスティーブン・クライガー氏が記録した207フィート4インチ。

これは素晴らしいですね。きちんと滑空で距離を稼いでいます。
226フィート10インチというと、メートル換算で69mちょっとですね。
Topics
●当面の目標は屋内で27秒。
ブログ内検索
ついでにクリックをお願いします
youtube






最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセス