今日のこと

今日は地元のイベントで折り紙ヒコーキの先生をしていました。
市の教育委員会と武蔵野中央公園の共催事業です。

総合体育館でヒコーキを折ってから、受講された親子連れの皆さんと一緒に武蔵野中央公園へ行くと、男性が手投げで折り紙ヒコーキを飛ばしていらっしゃったので、おっ、と思っていたところ、私が飛ばした機体を拾って眺めながら、●●さんですよね?ブログ拝見してますと言われてびっくり。ほったらかしにしてごめんなさい。

折り紙ヒコーキに関わる活動は、立場的なこともありますが規模を拡大しながら組織的にかつ継続的に行っているものの、実はここ数年趣味の幅が広がったため、楽しみで飛ばすことからは何となく縁遠くなっていました。

そんなことがあって、武蔵野中央公園へ行くのも結構久しぶりだったのですが、飛ばしていると、知っているおじさんから「お、相変わらず頑張ってるね。でも、一人で飛ばしてばっかりいないで皆に教えてあげなきゃ」と声を掛けられました。

武蔵野中央公園に私の居場所があるというのは、紙ヒコーキをものする者としてとても光栄で、幸せなことです。ちょっと恥ずかしいけど。

私が上京したての頃は、都内で折り紙ヒコーキを手投げで飛ばす人は今よりも更に珍しくて、戸田さんもテレビにまだあまり出ない頃で、JALの企業メセナもあまり知られていない頃だったから、ゴムカタパルトで切り紙ヒコーキを飛ばすおじいさんから、そんなものよりこっちの方が高級だと言われて、悔しい思いをしたことがあります。そんなの飛ばしてるのと馬鹿にされたこともある。どちらも武蔵野中央公園でのことです。

切り紙ヒコーキを飛ばす別のおじいさんからは、武蔵野中央公園で飛行機を飛ばすときは帽子を被るのがルールだと、突然決まりを押し付けられたこともあります。私は、人の趣味にけちを付けてくる野暮なおじいさんやおじさんを無視することができなくて、とても悔しくて、学生時代にブログを始めて、折り紙ヒコーキの難しさとか、面白さとかを書いて、原っぱにおける認知度の向上を目指して、ずっとやってきました。

*****************
ちなみに知らない方のために補足説明をしますが、なぜ私が武蔵野中央公園にこだわるかと言うと、武蔵野中央公園は紙ヒコーキのメッカ、聖地と言われているからです。年に1回切り紙ヒコーキの全国大会の決勝戦が行われ、全国の達人がここを目指してやってきます。二宮康明さんという方が紙ヒコーキの神様として知られていますが、二宮さんのホームグラウンドが武蔵野中央公園です。何年か前に戸田さんが本を書いたときも、武蔵野中央公園で二宮さんと戸田さんが一緒に飛ばしています。武蔵野中央公園はそういう場所なんです。
Topics
●当面の目標は屋内で27秒。
ブログ内検索
ついでにクリックをお願いします
youtube






最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセス