模型飛行機フェスティバル:滞空時間(手投げ)自己新

今日は武蔵野中央公園で模型飛行機フェスティバルがあるということで、行ってきました。
11時頃原っぱに着くと、既に多くの愛好者の方々、親子連れがいらしていて、沢山の飛行機が飛んでいました。

先にいらしていた松本さんにご挨拶をしてから、2人して折り紙ヒコーキを手で投げて飛ばしていると、松本さんが普通の色上質紙で折ったハンドで20秒台(正確なタイムは忘れました)を記録。私も負けじとよたか?を飛ばしていると、一度、綺麗に返った機体が上昇気流に乗って、ぐるぐる旋回しながら高度を上げていったときがありました。最後は滑空中に桜の木のてっぺんに当たって地面に落ちてしまいましたが、滞空時間は36秒94、時間は松本さんに途中から計っていただいたものなので、それまでの時間(3秒くらい)を足すと40秒近く飛んでいたことになります。もちろん手投げでは自己最高記録です。木に当たっていなければ、まだまだ飛んでいたことでしょう。

その他、20秒台が何回か出ました。記録として残っているのは、24秒34の記録です。


どの記録も、A5判の上質紙(80g)で折った機体で出ました。
投げ上げたときの高さではサンドなどで折った機体には及ばないのですが、とにかく軽いために、低空で粘って粘って粘って、滞空時間を延ばすようでした。

手投げで40秒という記録が嬉しくて何回も手で飛ばしたために、今日は左足が痛くなりました。

P1010202.jpg
Topics
●当面の目標は屋内で27秒。
ブログ内検索
ついでにクリックをお願いします
youtube






最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセス