ある日の会話

「俺、小学校の時、紙飛行機のチャンピオンだったから」と言った中学生の男の子がいた。

「飛ばしてみる?」と言うので、どんなものを作るのだろうと思って見ていたら、やり飛行機をさらに細く折ったものを作ってきた。

彼が投げると、それはドリルのように回転しながら6mほど先に放物線を描いて落ちていった。滑空はしていない。

彼に「それって飛んでないんじゃないの」と言ったら、「俺のは回転して飛ぶやつだから」と返してきた。

なるほど。まあ飛行機ではないと思うけれど、それはそれで良いのかもしれないなと思った。
Topics
●当面の目標は屋内で27秒。
ブログ内検索
ついでにクリックをお願いします
youtube






最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセス