第3回 守谷市紙ヒコーキ大会

今日は折り紙飛行機51くらぶの大会があるということで、守谷まで行ってきました。去年は大会に参加すべく行ったのですが、今回は運営のお手伝いで行きました。一日中指導に夢中で、写真を撮影するのを忘れていました。したがって、今回は画像がありません。悪しからず・・・
大会の様子は51くらぶのページの方にアップされることと思います。

私が公民館に到着したのは8時半頃、テント張りなどをして準備をしていると、松本さんが到着。展示用として持って行ったダブルデルタとユニコーンを組立て、よたか?、かたよたか、それにジャイロ?、ランサーゼロ、ウイングマスターなど展示の準備をしていると、安孫子の千濱さんがおいでになりました。いつもの画用紙で作った小さくてよく飛ぶ折り紙飛行機や、バルサ機、ペーパーグライダー、ホチキス機(てんぱくくん、海の中道海浜号他)などを沢山持参し、展示されていました。その他展示については、守谷の太田さんによるピーナッツスケール機が精巧で感動しました。持ってみると、声が裏返るような軽さで、また感動しました。

今回は市の関係の方やその他お手伝いの方が複数人いらしていて、折り方の指導をはじめ、色々にお手伝いいただきました。

去年の参加者は71人でしたが、今年は午前中だけでそれを上回る方々のご参加があり、大会終了までには103人の方にご参加をいただきました。

今回の最高記録は前回の最高記録を上回る、26.16秒でした。大会終了間際に参加してくれた、エントリーナンバー100番の小学生の男の子が優勝しました。

大会終了後、残っていた子供たちに持って行った紙飛行機をプレゼントしましたが、ジャイロ?とよたか?が人気でした。

それから、かたよたかを初めて投げ上げて飛ばしてみたのですが、これが思ったより良く飛ぶことが分かりました。非対称機なのであまり上がらないかなあと思って投げてみると、何のことはない、普通に高く投げ上げることができました。かたよたかは松本さんに差し上げました。

その後少ししてからグラウンドに行き、先ほど紙飛行機をプレゼントした子供たちと一緒に紙飛行機を飛ばしました。

私の今日の最高記録は、A5判のよたか?で25秒くらいでした。思ったより高く、長く飛ぶ折り紙ヒコーキに、子供たちが興奮していました。子供たちからお兄さんお兄さんと呼ばれて、恥ずかしいような嬉しいような気持ちになりました。

よたか?については、子供たちを含め、7人くらいに折り図と完成機をプレゼントしました。
マイスターの誕生が楽しみです。

部屋に戻ったのは8時ちょっと前でした。
Topics
●当面の目標は屋内で27秒。
ブログ内検索
ついでにクリックをお願いします
youtube






最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセス