折り紙飛行機が高く上がる理由

コピー用紙を折っただけの折り紙飛行機が12m以上の高さまで上がるのはなぜだろうと、今でも思います。
折り紙飛行機の場合、なんといっても紙が弱い。それを無理に投げるので、投げた瞬間翼は大きく変形しているのだろうと思います。しかし上がる。なぜでしょうか。

折り紙飛行機は紙が変形する「から」上がるのではないかと、最近は考えています。
※もちろん剛性が低すぎては上がらないでしょう。剛性が高いことは大切です。

投げた瞬間、翼は紙一枚になっているところから、下面にへこむように大きく変形しているのだろうと想像します。

翼が下面に変形すると、キャンバがついた格好になりますので、機首下げの力が生まれます。
これが翼後端を跳ね上げたことによる機首上げ調整と相殺し、まっすぐ上がるのではないかと疑います。
頂点付近では翼の変形が戻り、機首上げの調整が効いて、ゆっくり滑空して降りてくるという考えです。

これは、折り紙飛行機の場合、翼が大きい方が宙返りせず、まっすぐ上がる傾向があることについて整合的です(重心位置の問題も絡んでいるので微妙なところではありますが)。

翼が大きいと、しぜん後方の、紙一枚になっている部分の比率が大きくなります。つまり翼が弱くなります。
変形しやすくなります。だから上がると、こういう訳です。

ただ、あまり翼を大きくすると、最低限の剛性が確保できなくなり、投げ上げに耐えられなくなってしまうのは以前試した通りです。

また、でたらめに変形したのではまっすぐ上がないでしょう。うまく変形の仕方をコントロールしてやる必要があります。これには、翼端を折って、あらかじめ翼後方にへこみ癖を付けておくことが有効です。これは強度アップにも貢献しているでしょう。

スカイキングやハンド・ファジーがべらぼうに高く上がるのは、こんなところに理由があるように思います。
Topics
●当面の目標は屋内で27秒。
ブログ内検索
ついでにクリックをお願いします
youtube






最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセス