翼前縁

P1020082.jpg  P1020087.jpg

翼端を立てたものの場合、翼前縁を爪でしごいて薄くしても、意外と強度が確保できることが分かりました。また、翼断面はできるだけ薄くした方が、上昇も返りも滑空も良くなるようです。

そのようなわけで、裏の折りを初期の状態に戻しました。
この方が現行の方法よりも翼を薄くできます。

翼端を立てないものは、翼前縁を爪でしごくと、どうしても全体の剛性が不足しました。そのため翼断面を厚くして翼前縁の強度を増すような工夫が必要でしたが、翼端を立てたものは、とにかく翼を薄くすることを考えれば良さそうなので、簡単です。

※翼端を折らないものでも、へそヒコーキのように十分に翼が小さい飛行機の場合は、翼前縁をしごいても強度が確保できそうです。
Topics
●当面の目標は屋内で27秒。
ブログ内検索
ついでにクリックをお願いします
youtube






最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセス