スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャレンジャー

P1020868.jpg  P1020869.jpg

世界記録更新をターゲットとした新型を制作し、昨日テストしてきました。
新型の主な特長は次の通りです。

○特長
・胴体を持つための最低限の部分だけにして、中央の垂直尾翼を無くしました。
 これにより翼面積が増えた他、胴体がガバガバ開かない分、上昇時の変形が小さくなりました。

・へそを無くしました。これにより下面の抵抗が減った他、翼がねじれにくくなりました。

・翼端板を特殊な形にしました。紙の弾性変形を利用して姿勢を制御するための工夫で、
 このようにすると、上昇中は機首上げを抑え、速度が低下したときアップトリムにできます。
 また、トーアウトによって、浮きを良くしてあります。

○テスト結果
翼が大きいのですが、私の投げ上げに耐えました。屋外で13m程度まで上がりました。
ほぼ垂直に上昇します。特殊な翼端が効いているようで、強く投げただけまっすぐ上がります。
上昇中に風で煽られることのない屋内では、もう少し高さが得られると思います。
沈下率はサーマルの影響を除いて55cm/sec程度と見ており、満足な結果が得られました。
なお、失速からの回復が遅いので、屋外で飛ばすには向いていないようです。
重心を後ろに寄せてあるために、調整は大変に難しいです。

来年初めに屋内で飛ばす機会がありますので、その時に記録を取ってみようと思います。
Topics
●当面の目標は屋内で27秒。
ブログ内検索
ついでにクリックをお願いします
にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ
人気ブログランキングへ
くる天 人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
youtube






最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。