ぬえさんの折り紙ヒコーキ「鵺」

P1030278.jpg

今日は非常に面白いものを見せていただきました。
ぬえさんの折り紙ヒコーキです。

パッと見いかにも普通ですが、ぬえさんらしい工夫がなされています。
それは、無調整の状態では機首上げの傾向が強く、すぐにピッチングに入ってしまうこと。
これを、翼後端をわずか下に曲げることによって、バランスさせる作りになっています。

これは合理的な作り方です。どういうことかと言うと、

まず上昇時について、
リリース直後の高速域ではトーアウトの付いた翼端板による機首上げの力と、後縁の下げ舵の力とが相殺するのと、あとは翼の変形のためだと思われますが、機首が上下にぶれません。翼面積の小さいこともあって、しっかり垂直上昇します。

上昇の頂点付近で速度が落ちてくると、下げ舵の効きが悪くなってにわかにピッチアップ傾向になります。結果スムーズに反転に移行します。また、無調整でピッチアップ傾向なので、返らず上昇の頂点から垂直に落下する可能性が割合低いようです。

次に滑空時について、
翼平面形によってピッチングの周期が短いので、突風に煽られて姿勢を乱してから回復するまでが早いです。ピョコピョコ頭を上下させるうちに、間もなくピッチングが収まります。また、下げ舵が実機で言うところのフラップとして機能するので、効率が良く、実際翼面積が小さめの割に浮きが良い印象を受けます。

この機は突風に強く、またサーマルにうまく乗りやすいので、青天井の下、サーマルを探しながら飛ばして回るのに向いていると思います。また、よく返り、姿勢の回復が早いので、競技用としてすぐれていると感じます。

実際、渡されて飛ばしたものは、1発目で15m以上垂直上昇し、そのまま場外没になりました。
屋内ではそれができても、屋外で15m以上の高さまで上げることの何と困難であることでしょうか。

重心をうんと後ろにずらしてダウントリムでバランスを取って・・・というアイデア自体は、何年か前にやってみたことがありました。ただ、色々バランスさせるのが困難だったのと、当時は投げ方が定まっておらず、今ほどの精度で性能評価ができなかったことがあり、ボツになったアイデアとして、すっかり記憶も薄れていました。

ところが、このたびぬえさんがこれをなんとかし、うまいこと飛ぶものを完成させたことは、本当に素晴らしいことで、かつて諦めた夢が実現したような思いです。

まだこの機体に慣れておらず、ポテンシャルを引き出しきれていないので、じっくりと付き合ってみたいと思います。
Topics
●当面の目標は屋内で27秒。
ブログ内検索
ついでにクリックをお願いします
youtube






最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセス