FC2ブログ

板そば号、どぶ板号又は例の四角い折り紙ヒコーキ

20190114_161710.jpg 20190114_161732.jpg

お久しぶりです。長らく勿体ぶっていましたが、やっと公開できます。
2017年11月に宮古島で開かれるアジア大会に向けて制作していた、私の秘密兵器です。
あまりに安直というか、シンプルな見た目のため、仲間からはどぶ板号などと呼ばれてひどい言われようですが、本人は大真面目に考えています。構造がシンプルであること、前方に紙の重なりが集中していることから、かっちりとして強度があり、全力での投げ上げによく耐えます。

このような四角い折り紙ヒコーキには前例があり、ウェブで見つけられる範囲で触れると、戸田さんの作品ではスーパーフィン、前ギネス記録保持者のケン・ブラックバーンさんの四角い折り紙ヒコーキ、韓国のシン・ムーチュンさんの四角い折り紙ヒコーキ等が前例として挙げられます。これらは、実際に折ってみると分かりますが見た目に比して精度良く折るのが難しく、実は上級者向けの折り紙ヒコーキです。難しいのは、折り重なりが翼の上面又は下面の一方に偏っているため、折り進めるうちに紙の反発力で翼が自然に反り返ってしまうからです。

そこで、折り方を工夫して、前方の折り重なりが翼の上下に分散するようにしました。このようにすると、翼が反り返らないだけでなく、翼型でいう対称翼になるため、強く投げたとき、機首上げしにくいのです。ただし、翼上面に折り重なりが出るため、抵抗が増すのがデメリットです。と言っても、レイノルズ数が小さい領域ではむしろ適度なギザギザがあった方が良いとの話も聞きますので(トンボの翼等)、その辺の影響は正直良くわかりません。飛ばしている限り、特に浮きが悪いという印象はありません。
ちなみに重心位置はぴったり25%位置にあります。また、機首は敢えて閉じていません。

アジア大会では日本チームのキャプテンを務めましたが、本番ではピッチングが出てしまい、記録としてはあまり振るいませんでした。とはいえ、ポテンシャルが確認できたので、私としては十分満足できる結果でした。上昇高度については会場で一番高かったのではないでしょうか。一日目の懇親会の時間、飛びを見た戸田さんが驚いて、お貸ししたヒコーキを黙々と投げ続けていたのが印象に残っています。本番で使った機体は、一緒に日本チームとして参加した2人にプレゼントしました。

ちなみに応用編ですが、同じ折り方で、紙の縦横を変えると、以下に示す折り紙ヒコーキができます。
どの程度の投げ上げに耐えられるかは未検証ですが、アスペクト比が大きいため、浮きは良いです。

20190114_161805.jpg
Topics
●当面の目標は屋内で27秒。
ブログ内検索
ついでにクリックをお願いします
にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ
人気ブログランキングへ
くる天 人気ブログランキング
youtube






最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセス