模型飛行機フェスティバル@武蔵野中央公園

P1000348.jpgP1000347.jpgP1000346.jpg
武蔵野中央公園に行ってきました。
画像は一応パノラマのつもり。広いです。

松本さんは諸事情により、今回お会いすることができませんでした。いずれまた。

という訳で、今日のフェスティバルの様子をご報告します。

さて、フェスティバルの様子ですが、強めの風が吹き、あまり良いコンディションではなかったものの、結構人、特に親子連れがいました。

9:30からの受付が終わると、グライダーを飛ばす人たち、プロペラ機を飛ばす人たちなどと人が分かれ、各々記録を取るなりテスト飛行をするなりしていました。

風が強かったので、機体は流されがちだったものの、特に事故もなく、無事に進行していました。

一方、受付のそばでは長机をいくつも用意し、愛好家の方々が親子連れなどと一緒に紙飛行機を作りながら、製作のアドバイスをしていました。

結構な人数を見ていたらしく、多くの親子連れが原っぱでプロペラ機やグライダーを飛ばしていました。

私も紙ヒコーキを飛ばすべく原っぱに出て行くと、すぐに愛好家の方に話しかけられ、場の空気になじむことができました。周りでも皆さん方は和気あいあいとしていて、良い雰囲気でした。こういうのって良いなぁ。すごく入って行きやすかったです。

風が何せ強かったので、私の紙ヒコーキはなかなかうまく飛んでくれませんでしたが、それでも良く飛んだときは周りの方から声をかけられたりしました。「良く飛んでますねぇ」なんて言われたら嬉しくなっちゃいます(^^

前に松本さんから送っていただいた紙飛行機も一緒に持って行ったのですが、これは別格で、周りのグライダーと比べても遜色なく高く上がり(というより、周りより高く上がっていました)、長く飛んでくれました。風の影響もあり、原っぱの短辺くらいの距離は飛んだかもしれません。滞空時間は計っていませんが、かなり浮いていた気がします。

お昼近くには、愛好家の方々が色々な種類の紙飛行機を高く飛ばすデモフライトがありました。小さな螺旋を描きながら、どんどんと高度を上げていく紙飛行機。すごい。
小さく作って、空気抵抗を減らしたものなどは、発射した瞬間にどひゅーんと上空に飛んでいきましたが、個人的にはこれに一番感動しました。初速はどれくらいなんだろう。
他には、つい最近世界大会で優勝したというF1カテゴリーの機体(巨大)も披露していました。

しかし皆さんうまかったなあ。カテゴリーは違えど、自分も頑張らねば。

ということでフェスティバルは閉会。

お昼ごはんを食べてから原っぱの外周を歩いていると、地区は失念しましたが、どこかの少年団が30人くらいで紙飛行機を飛ばしているのを見つけたので、声をかけ、松本式紙飛行機を1機プレゼントしてきました。後で飛ばして、きっと驚いたことでしょう。
Topics
●当面の目標は屋内で27秒。
ブログ内検索
ついでにクリックをお願いします
youtube






最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセス