スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かに

kani.jpg
伝承折り紙の「いえ」から、かにができました。はさみの部分が尾翼と安定版にあたります。
はさみの広げ具合によって飛び方が変わります。

P1010995.jpg
飛行形態と歩行形態。

簡単な鳥飛行機【附折り方】

P1010968.jpg

簡単な飛行機を、と作っていて、できたものを見ると、中村榮志さんの「はばたく小鳥」と同じような形になりました(折り方は少し違いますが)。戸田さんの「はばたきカモメ」然り、やはり簡単な鳥を作ろうとすると、どうしてもこの形に収束してしまうようです。

このようなタイプの紙飛行機はたいてい羽ばたいて飛ぶものですが、これについても、はたしてパタパタとよく羽ばたいています。薄手で、少し軟らかめの紙を用い、中心の折り目を爪でしごくように折って作ると、折り目が蝶つがいのようになって、羽ばたきやすいようです。紙の大きさはB5判、A4判、B4判くらいが適当と思います。



面白くて簡単ですので、以下に折り方をお示しします。
なお、折り方を期間限定公開にするかは考え中です。いずれお伝えします。

P1010969.jpg
まず三角に折って・・・

P1010970.jpg
角を辺のところまで折り下げます。

P1010971.jpg
紙のふちに沿って細く折り・・・

P1010972.jpg
角を上に折り上げます。

P1010973.jpg
全体を半分に畳んで・・・

P1010974.jpg
矢印が示す点に角を合わせるように、翼を折り下げます。

P1010975.jpg
先端の45°の角を、その2等分線で折ります。
あとは翼を広げ、昇降舵を付けて完成。

(試作)クスサン

P1010945.jpg

夏に現れる大型の蛾、クスサンです。
中学生の夏に大発生して驚いたのを覚えています。

しかし、「蛾が作りたいな?」と興味半分で作り始めたところ、これがある程度予想はしていたものの、やはり難物であることが分かりました。というのは、蛾の形というのが、折りが面倒なのは当然として、前進翼で、重心位置を前に持ってくることが難しく、しかも安定板を確保しにくい形だからです(泊まっているスズメガのように、後退翼形なら比較的簡単に飛ぶものができると思いますが)。

画像のものは、まずは元のイメージを優先しつつ、出来る範囲で安定を良くするように作ったもので、何とか飛んでくれたものです。しかし、まだ問題点は多く、今後の課題です。

ほたる

P1010696.jpg  P1010698.jpg


私の実家のすぐそば、畑の中には小川が流れていて、小さい時分は田んぼに水を張る頃、暗くなると祖父と一緒に歩いてホタルを採りに出かけました。透き通った川で、川辺にはツユクサが生え、沢山のホタルが舞っていた姿が目に焼き付いています。

しかし、私が大きくなるにつれて、目に見えてホタルの数が少なくなっていきました。
そしてあるとき、ホタルの見られるまさにその場所に道路ができ、家が建ちました。



この飛行機を考案するとき、十数年前の記憶の中で舞う、沢山のホタルを意識せずにはいられませんでした。

2バージョン作りましたが、私は前者の方が印象が近いと思います。

さかなですかい2

P1010653.jpg
ちょっと格好良い、細身の「さかなですかい」ができました。

きんぎょです改

P1010641.jpg
きんぎょですかいの改良版なので、きんぎょです改。
重心位置を前進させ、全体を少しスリムにしました。
方向安定他、性能が良くなっています。

P1010654.jpg
長方形でもきんぎょです改。

なす

P1010415.jpg

私はナスが好きです。
だからということではありませんが、ナスが出来ました。これは長ナスですね。
左右の翼それぞれが1つの長ナスのようにも見えます。
ちなみに、ヘタと実の部分はインサイドアウトではありません。
冗談みたいな機ですが、性能は良い方です。
翼端を折り下げて安定板を付けても良さそうです。
先端はよたか?の要領で閉じてあります。

続続・かんたんアルソミトラ

P1010342.jpg
透けて見える繊維がきれいな、これまた薄い紙、雲竜紙で折りました。

続・かんたんアルソミトラ

P1010339.jpg

「エヒメ紙工 ハイクラスなおりがみ」を半分に切ったもの(黄色)で折りました。
腰があって折りやすく、両面同色、そして薄いということで、試した中では一番良さそうです。
色も複数あるし、子供たちと一緒に作る機会があれば、この紙を使おうと思います。

かんたんアルソミトラ(メーヴェ)

P1010328.jpg

正方形を切った紙から、他に何かグライダーができないかと思って紙をいじっていたところ、新しいものができました。

ふわふわとわずかに上下しながら、まっすぐ綺麗に飛んでくれることから、アルソミトラの種が想起され、この名前にしました。形はちょうどメーヴェのようです。

作るにあたっては、薄い、トレーシングペーパーのような紙で折るのがベストです。レポート用紙や、便せんなどでも良いと思います。正方形を半分に切ったときにできる、縦横比が1:2の長方形から折り始めます。

簡単に作ることができ、見た目がそれっぽく、構造的にも綺麗にまとまって、お気に入りの作品になりました。平らにできるので、小さく作れば本などに挿んで持ち運ぶことができます。

参考リンク:
http://aquiya.skr.jp/zukan/Alsomitra_macrocarpa.html

**浮きが悪いときは翼をカールさせ、漫画に出てくるカモメのように、波をくっつけたような形にすると良いようです。
Topics
●当面の目標は屋内で25秒
ブログ内検索
ついでにクリックをお願いします
にほんブログ村 その他趣味ブログ 紙飛行機へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 折り紙・塗り絵・お絵かきへ
人気ブログランキングへ
くる天 人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
youtube






最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
アクセス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。